あなたが抱えている顔のコンプレックスは何ですか?顔のお悩み告白まとめ

【27歳女性】
自分の目じりが上に上がっていてつり目なのがコンプレックスです。

どことなくキツそうに見えますし、アイラインをしっかり引くとより目元がキツく見えるので普段はアイラインを引かないかもしくは垂れ目メイクをした状態で過ごしていることがよくあります。

メイクで垂れ目っぽく見せることも出来るので目尻に少し下に下り気味のラインを書いて緩和させてバランスを取っている(つもり)です。

何か印象付けたいとき(面接、大事な話をする日や証明写真を撮る時)などは目頭~目尻までしっかり引くこともありますが普段はまつ毛の生え際をなぞって軽く引いて目尻だけ下に向けて濃い目に引きます。

おそらく、この悩みは中年以降になれば加齢でまぶたが垂れてくるので次第に解決すると思います。

もうあと10数年もしたら目が垂れてきて目元の印象が和らぐのでは?と思っています。

整形でつり目をたれ目に形成する方法もあるようですが、目元を切ったりするのは怖いのでそこまでして目元を変えようとは思いません。

一度どんな感じなのか気になって画像検索して見てみたことがありますが、目尻が切れていてとても痛そうですし仕事を休まないといけないほど見た目に違和感を与えます。

料金も20万円を超えメイクも術後1週間はしてはいけないとのことで生活に支障をきたすと分かってからはやっぱり整形はないな…と感じました。

なので、自身のつり目のコンプレックスはメイクで緩和&時間の流れに任せるという形で今もこれからも向き合っていくと思います。

【40歳女性】
私の顔のコンプレックスは鼻の下が長いことです。よく美人の条件として「鼻の下が短いこと」と言われていますが、私はまさに真逆になります。

テレビで女優さんを見ると確かに鼻の下が短い人が多いように思います。

自分で定規で測ってみると、鼻の下から上唇までの長さは2センチくらいありました。日本人の平均は1.5 センチだということなので、たった0.5センチのことではありますが、それでもかなり顔の印象は違うものです。

もともとのっべりとした地味顔であり、なおかつ鼻の下が長いためか、子どものことから「ボーっとしている」と言われることが多くありました。

確かに鼻の下が長いとマヌケ面になり、ボーっとして見えると自分でも思います。

対策としてはメイクをするときに、リップペンシルで上唇をオーバー気味に書くという手はあります。

ただオーバーしすすぎても変なのでせいぜい1ミリくらいです。

コンプレックスではありますが、整形するほど思い悩んでいるわけではないので、それくらいしか打つ手はありませんでした。

もうひとつメイク以外で簡単にできる最大の対策は「笑顔」です。

幸い昔から笑顔が可愛いと言ってもらえることが多かったのですが、もしかしたらそれは笑顔になると誰しも鼻の下の長さが短くなるからではないか?と大人になってから気付きました。

もともと鼻の下が長い私が笑うと、長さは普通程度になり、ボーっとした印象も消えるのだと思います。

そのためできるだけいつでも「笑顔の人」でいることが一番の対策だと思っています。
【36歳男性】
私が抱えている顔のコンプレックスは「おでこの広さ」です。

私は現在36歳の男ですが、子供の頃からおでこが広く、しかもかなり前に出ています。

正面からみればあまりわからないのですが横から見ると明白で、最近ではそれに薄毛も加わって更におでこが強調されるようになってしまっています。

よくおでこが広い人に似合う髪型なども紹介されていますが、単純に広いだけなら隠すことはできるのだと思いますが、私の場合は前に出ているのでどんな髪型にしても正面は自然でも横顔が不自然になります。

どのくらいでているか具体的なことをいうとメガネをかけたときに、フレームの上部がおでこに当たる時があるくらいです。上から光を当てて正面から見るとおでこの下に影がはっきりできます。

鼻のラインもおでこのところで一度凹んでいてとてもコンプレックスです。

手術などを考えた時期もありましたが、高額ですし不安なのもあって諦めています。

それでも一応、少しでも隠れればと思って髪型を変えたりしてみてはいますが、最近では髪も薄くなりだして諦めざるをえない状況になってきました。

もう年齢も30代後半ということで今から整形手術などは今後も考えていません。

今でももちろんコンプレックスですが、ある種の諦めのようなものも出てきて、最近では帽子を被ったり人の目に触れるときだけ気をつけるようにしてできるだけ気にしないようにしています。

ただ薄毛に関しては発毛系のものは使っていませんが、育毛剤は使用していてこれ以上抜けないようにすることだけはしています。

本当ならもっと早く抜け毛対策をすべきだったのですが、おでこがコンプレックスな事で顔に関する手入れをするのが恥ずかしくてほったらかしになっていました。
【38歳男性】
私が抱えている顔のコンプレックスは、何もしていない時に口角が自然と下がって不機嫌そうに見えてしまう点です。

この顔の特徴のせいで、今までいろいろと勘違いをされることがありました。

たとえば人から「今日機嫌悪いの?」と、心配されてしまうことがよくあります。

口角が下がっているため、イライラしていると思われているのです。

ですが実際にイライラしていることはほとんどなく、私としては普通の状態です。それなのに心配されてしまうので、困惑するばかりです。

また機嫌が悪いと思われるだけではなく、怖そうだとも思われやすいです。

話しかけにくい雰囲気が顔から漂っている、難しいことを考えてそうに見えると言われたことは1度や2度ではありません。

怖そうに見えてしまうのは、思いのほか悪影響なのだと言われて気付きました。口角が下がっているだけで、人の印象はだいぶ変わってしまうのです。

30代になってから口角が下がっていることの悪影響に気付いた私は、何もしていない時でも口角をできるだけ上げるように意識しています。

あまり無理に行うと変なので、自然と上がるように注意しています。

ただそれでもなかなか改善されないので、どうすればいいのか悩んでいます。

このコンプレックスは、気にしてしまうと顔が余計にぎこちなくなってしまいます。ですのでもっと効果的な改善方法を、早く見つけたいです。

生まれついての遺伝的な顔つきなのでしょうから、ある程度は受け入れている部分もあります。

ですが直していきたい気持ちもありますので、効果的な改善方法を知りたいのが偽らざる本音です。

https://onayami.online/tikubi_iro.html

赤ら顔を治す方法|赤ら顔コンプレックスで悩んでいた体験談