赤ら顔をすぐに治すには?改善方法を解説|冬の赤ら顔に効く化粧水

赤ら顔を治す

【赤ら顔の原因はこの3つ|まとめると】 1、赤ら顔の原因は皮膚の薄さ
赤ら顔の人は、もともと皮膚が薄いがゆえに皮下の毛細血管が透けて見えやすい。
2、敏感肌
皮膚が薄いがゆえに外部の刺激に対して弱く敏感肌。なので、室内と屋外の寒暖差などのちょっとした刺激にすぐ反応してしまう。
3、乾燥肌
乾燥肌で肌に潤いが足りないと様々な肌トラブルになりやすい。

【ではどうすれば治る?赤ら顔の効果的な治し方】

治し方

【赤ら顔の治し方|簡単にまとめると】 1、レーザー治療
レーザー治療で頬の毛細血管を破壊し赤みが消える、ただし、5-10回する必要がある。
保険適応外なのでトータルで10万円以上かかる。通院が必要で治療が終わるまで1年以上かかることも。
レーザー治療ができるクリニックを探す

2、赤ら顔化粧水を毎日つける
肌の赤みを抑える成分が入った赤ら顔用の化粧水で肌を毎日保湿することで徐々に赤みが引き、赤ら顔の改善が期待できる。
ただし、赤ら顔の化粧水によって配合の成分が異なるので自分に合うものを見つける必要がある。
赤ら顔化粧水ランキングを見る

3、肌を鍛えて皮膚を厚くする
肌自体を鍛えることで、皮膚を厚くし外部の刺激に対して強い肌にする。
肌の生まれ変わり周期(ターンオーバー)ごとに少しずつ肌が強くなる。ただし、半年~年単位で時間はかかる。
皮膚の鍛え方を見る

4、ツボを押す
日頃から血流を良くするツボを押すことで赤ら顔の症状を抑える。
赤ら顔を抑えるツボを見る

【赤ら顔を治す方法を詳しく解説】

赤ら顔を改善するには次の4つの方法が効果的です。

【1、レーザー治療】

レーザー治療
美容クリニックに置かれているレーザー機器で頬の毛細血管にレーザーを照射することで頬の赤みを消すことができます。
ただし、1回レーザーを当てたらすぐに治るということはあまりありません。
通院をして当てるたびに徐々に薄くなっていきます。多くの場合、完了するまで5-10回する必要がある人がほとんどです。

レーザー照射後は10日から2週間程度は、頬が腫れてカサブタができます。
腫れが引くまでのダウンタイムが必要になります。そして、レーザーを一回行うと次に行うまでに最低でも1ヶ月以上は開ける必要があります。
治療が完治するまで1年以上かかると思った方が良いでしょう。

金額はクリニックによっても異なりますが、レーザーで赤ら顔を治療しようと思ったら10万円以上はかかると思った方が良いでしょう。
なぜそんなにかかるのかというと、赤ら顔のレーザー治療は保険が効かないからです。
病気でなく美容になりますので、かかったお金は全額自己負担になります。
【※美容クリニックを選ぶ際の注意点!】
クリニックに置かれているレーザー機器の種類ごとに性能は異なります。
赤ら顔の治療で美容クリニックを選ぶ際は、置かれているレーザー機器の種類や性能、そして、クリニックの医師の赤ら顔治療の経験値、実績などをクリニックのホームページなどで事前に調べておくようにしましょう。
赤ら顔のレーザー治療を多く行っているクリニックは、まずホームページ内でその実績を謳っています。

【2、赤ら顔用の化粧水をつける】

化粧水
浸透力が高く、顔の赤みを抑える成分が配合されている化粧水で毎日保湿をし栄養を与えることで、徐々に頬の赤みが薄くなっていきます。
肌は一定期間ごとに細胞が新しく生まれ変わりますので(ターンオーバー)、最低でも3ヶ月~半年以上は使い続けるとより効果的です。

赤ら顔用の化粧水は浸透力が高いセラミドや赤みを抑える漢方エキスが配合されたものがオススメです。
敏感肌に優しい無添加なものを選びましょう。

しろ彩 ウルウ ピオリナ
しろ彩 ウルウ ピオリナ
品質 ◎
無添加
天然成分
臨床試験
○
無添加
○
無添加
毛細血管の拡張をケアする成分 ◎
プランクトンエキス
4つの和漢植物エキス
バツ
アンボラエキスが肌の赤みを抑え透明感あふれる肌へ
△
毛細血管の拡張をケアしてくれる漢方成分
高保湿・低刺激なセラミド配合 △
ヒト型セラミド2種
◎
ヒト型セラミド5種
△
毛ヒト型セラミド2種
初回価格 △
4,480円
○
3,600円
◎
1,980円
コンシーラー ○
コンシーラー付き
バツ
なし
○
なし
口コミ 4.8 3.9 3.2
公式HP しろ彩公式サイト ウルウ公式サイト ピオリナ公式サイト

【3、肌を鍛えて皮膚を厚くする】

鍛える

赤ら顔の大きな原因は皮膚が薄いことです。皮膚が薄いために外部の刺激に対してすぐに反応してしまうからです。
ですので、その皮膚自体を厚くし強くすることで外部の刺激に対して強くすればいいのです。

例えば、料理人や職人の手の皮などが厚いのは、毎日そういう環境のもとで過ごしてきたからです。
最初から手の皮が厚かったわけではありません。

それと同じように毎日肌を鍛えることで徐々に皮膚を厚くし刺激に対して肌が強くなっていきます。

その方法として、効果的なのが温冷法です。
温冷法とは、熱めのお湯と冷水の交互に顔をつけて肌を強くする方法です。

温かいお湯で血管を広げて血流を良くした後に冷水に浸かることで血管を一気に引き締める。
それを繰り返すことで血流が良くなり毛細血管と皮膚が鍛えられます。
毎日朝晩行うことで、日頃から血行がよく健全で丈夫な肌になります。(お湯の温度はあまり熱くしすぎないよう注意しましょう)

終わった後はそのままにしておくと肌が乾燥してしまいますので、しっかり化粧水などで保湿を行うようにしましょう。
その際、赤ら顔用の化粧水を使用するとなお良いでしょう。
【具体的なやり方】
1.顔が浸かるくらいの洗面器を2つ用意します。
2.そして、片方にお湯(42,3度)ともう片方に水(5-10度)を入れます。
3.まずお湯に10秒程度つけます。
4.あまり苦しくならないように呼吸を整えてから冷たい水へ10秒程度、顔をつけます。
5.それを5-7セット毎日行うようにしましょう。(できれば朝と晩)

【4、赤ら顔に効くツボを押す】

ツボ押し

日頃からツボを押すことで顔の血の滞りが改善されて手足の末端まで血の巡りが行き届き、赤ら顔の症状を抑えられます。
特に赤ら顔の改善に効果的なツボは虎口(ここう)です。

手足を温める、自律神経を整える効果があります。
反対側の親指と人差し指でぐりぐりしながら指の先の方へ引っ張りましょう。(20回程度)

【やってはいけない!赤ら顔を悪化させるNG行為とは】


NG
次に挙げている行為は赤ら顔の症状を悪化させてしまいますので、注意しましょう。

【氷や冷たいおしぼりを当てる】

特に冬の暖房の効いた部屋などで顔が火照って熱いからといって、氷や冷たいおしぼりなどを頬にあてがってしまうと一瞬は冷たくて熱が引いて気持ち良いですが、それは逆効果です。
その刺激に反応してさらに血流が良くなり赤ら顔の症状がみるみる悪化してしまいます。

【洗顔、入浴後の放置】

洗顔後や入浴後は肌が著しく乾燥します。洗顔、入浴後に保湿ケアをすべき制限時間=「保湿リミット」は、10分と科学的に解明されています。
乾燥は赤ら顔や肌トラブルの原因のもとです。
洗顔や入浴後は直ちに化粧水や美容液などで保湿をすることが重要です。

【頬の赤みのことばかり考えるとそこに意識が集中】

赤ら顔の頬の赤みがコンプレックスでいつも気にしていると、それだけで症状が悪化することがあります。
人間の脳は意識をするとその場所の血流が良くなるようにできています。

また、赤ら顔コンプレックスなどでストレスを抱えていると呼吸が浅くなり、自律神経が乱れ全身の血流が悪くなるため赤らがの症状が悪化しやすくなります。
気にするということ自体が赤ら顔の症状を悪化させてしまうのです。

過度に気にしても仕方がないと割り切り、深呼吸をしたりツボを押す(虎口)などをすることで自律神経が安定し血液の滞りが解消されるので、赤ら顔の解消のためにはリラックスすることも大切です。

【喫煙】

タバコを吸うと大量の活性酸素を発生させ細胞を傷つけ、さらに血流も著しく悪くなり、肌へ悪影響を及ぼします。赤ら顔を治したいのなら禁煙をしましょう。

【厚生労働省】喫煙の健康影響に関する検討会報告書

【赤ら顔の改善に効果的なスキンケア方法】

スキンケア方法

【肌に優しい洗顔法】

顔の皮膚というのは薄くデリケートな場所です。
とくに赤ら顔で悩んでいる人というのは、通常よりも皮膚が薄い人ですので洗顔は慎重におこなう必要があります。

ですので毎日おこなう洗顔は下手すると肌を傷つけたり赤ら顔を悪化させてしまいます。

赤ら顔の人は、洗浄力が強いスクラブを使用したりゴシゴシと洗うことは絶対NGです。
洗顔料はなるべく洗浄力が強すぎない肌に優しい天然由来系の無添加を使用しましょう。

洗顔方法としては、まずお湯で顔をゆすぎ毛穴を開かせます。(蒸しタオルなども良いです)

そして、泡だてネットなどを使用し泡を作りその泡で顔を覆って擦らずに優しく洗います。洗顔はあくまで汚れや皮脂を落とすのが目的ですのでゴシゴシ擦らなくても十分です。

【毎日のスキンケア法】

毎日しっかりと化粧水や乳液などで保湿をすることは大切ですが、適量を守ることも大切です。
過度に肌につけすぎたりするのは逆効果になることもあります。
朝と晩の洗顔後にしっかりと行えばそれ以上行う必要はありません。

また、化粧水に含まれる成分によっては自分に合う合わないというのもありますので、肌に赤みが帯びたり湿疹が出る場合はすぐに使用を中止しましょう。

【赤ら顔や頬の赤みの原因は生まれつき顔の皮膚が薄いということが多い】

皮膚が薄い
赤ら顔は皮膚が薄いがゆえに皮膚のすぐ下の毛細血管が透けて赤く見えて起こる症状です。
また、皮膚ら薄いので外部の刺激にすぐに反応をして血流量が増大してしまうのです。つまり、赤ら顔の人は敏感肌でもあります。

ですので、とくに外の気温が低く室内の気温差が激しいの冬の間はその症状も顕著に出やすくなります。

赤ら顔の人は先天的な体質であることが多く、もともと色白であるため赤みが目立ちやすい場合が多くなります。
また、同時に乾燥肌であることが多いため、肌トラブルも起こりやすくなります。
(肌は乾燥をするとダメージを追いやすい)

ですので、赤ら顔の人は肌に刺激が強い洗顔料や化粧水などは避け、出来るだけオーガニック系の無添加なものを選ぶようにしましょう。

【赤ら顔の改善に効果的な生活習慣】

生活習慣

【肌の健康に良い食事】

肌が健康な状態にないと肌トラブルが起こりやすくなり、赤らがの症状も悪化しやすくなります。
肌の健康を保つのに効果的な栄養素は次のものです。
・たんぱく質→肉や魚、大豆など
・オメガ3系→サバやイワシなどの青魚
・オメガ6系→コーン油や大豆油
・亜鉛→牡蠣、レバー、卵、チーズ
・ビタミンA→レバー、うなぎ、緑黄色野菜、卵黄
・ビタミンB2→牛レバー、豚肉、納豆、
・ビタミンB6→ナッツ類、魚介類
これらが肌を健康に保つのに効果的な栄養素ですが、中でもとくにたんぱく質は重要な栄養素です。
たんぱく質新しい細胞の原料になるので、たんぱく質が不足していると肌のターンオーバーの時に新しい細胞を作ることができないのです。

【肌の健康に良い睡眠】

皮膚の細胞は睡眠中に細胞分裂をし再生をします。ですので、良質な睡眠は健康な肌のは不可欠です。
睡眠不足や不規則な生活を続けると肌トラブルの原因となり赤ら顔の症状も悪化しやすくなります。
毎日決まった時間に一定の睡眠をとることが大切です。規則正しく健康的な生活リズムで過ごすようにしましょう。

【肌の健康に運動・ストレス解消法】

ココロとカラダ、そして肌は密接に関係しています。
過度なストレスを受けると血管の収縮や免疫機能の低下が起こり、肌荒れやニキビ、シミ、ソバカスを悪化させる原因にもなります。

肌や体の健康のためにも運動や自分なりのストレス発散法を見つけて、出来るだけストレスを溜めないように心がけましょう。

【赤ら顔でとは違う顔の赤みの酒さ(しゅさ)とは】

酒さとは鼻やあごが赤くなる症状です。
ほてり、またはブツブツと皮膚が盛り上がったりします。
30代以上の女性に多くみられる症状で、医学的にはまだ原因が解明されていません。

すぐに症状が改善されることはあまりなく、長期的な治療が必要です。

赤ら顔を治す方法|化粧水を見る

赤ら顔コンプレックスで悩んでいた体験談

【28歳女性】
子供の頃から赤ら顔に悩まされてきました。

私の赤ら顔は、毛細血管が拡張して透けて見えるタイプの赤ら顔で、皮膚が薄くて白いことで目立つのだと皮膚科の医師に言われました。

当時は赤ら顔を治す治療法もなく、子供なりに日焼けをすれば目立たなくなるのではと考えて夏は一日中、縁側に座って日に焼けようとしたものです。

でも、もともと皮膚が薄いので、小麦色になるはずがヤケドのようになって、よけいに顔を赤くするだけでした。

中学・高校時代は、とにかく目立たないようにしていました。勉強でも部活でも緊張すると顔が赤くなります。

それを心無いクラスメイトが冷やかしたりするので、いつも俯いて過ごしていました。

就職すると、仕事なので俯いてばかりもいられません。

赤ら顔に負けずに仕事をしようと思えば思うほど余計に緊張して赤ら顔になり、そのうちに来客対応からも外されて、それが辛くて会社を辞めました。

それから外に出るのも嫌になって家に引きこもるようになり、困った両親は見合いを勧めてきました。

私はもう誰とでもいいから結婚して人目に晒されない生活ができればそれでいいと思うようになっていました。

そうしてお見合いして今の夫と一緒になりましたが、夫はとても優しい人で、私の赤い顔を見ても笑ったり呆れたりせずに普通に過ごしてくれました。

そのため、家の中だけは緊張することもなく、赤ら顔は収まっていました。

でも、子供ができれば家の中だけで過ごすわけにはいきません。

子供が赤ちゃんの頃は言えの中でおもちゃで遊ばせていましたが、幼稚園に通うようになれば送り迎えをしなければならないし保護者同士の付き合いもあります。私は夫と相談して、漢方薬に頼ることにしました。

自宅から少し離れたところに、漢方を調合してくれる漢方薬店がありました。

そこで私に合う漢方薬を調合してもらって、食間に飲みました。食間以外にも、赤ら顔が気になった時に飲んでもいいということでした。

おかげで血管の拡張は抑えられて、だいぶん顔の赤みは目立たなくなってきました。

それでも、完璧ではありません。

私は皮膚が薄いこともあって化粧品は避けていましたが、この頃は赤ら顔に効く化粧水も出ているとか。

漢方と併用しながら、試してみようと思っています。
【24歳女性】
私が自分が赤ら顔だということを意識したのは小学校の4年生くらいだと思います。

冬の学校の帰り道で通学路に止まっている車の窓ガラスに映る自分のほっぺが真っ赤だということに違和感を覚えました。

もともと肌の色が白く敏感肌で冬になると肌がいつも突っ張っていた感じがしていましたが、特に自分のほっぺたをそこまで意識していませんでした。

ちょうど自意識が芽生え異性を意識し始める頃だったのだと思います。

それまでは普通の社交性でしたが、意識するようになってからは周りに注目されたくないと思うようになり消極的な性格になっていきました。

とくに冬の暖房の効いた室内では顕著にほっぺたが熱を持って赤くなりました。そんな時はほんとに辛かった記憶があります。

その時はネットで調べるなどもできなかったのでひたすら耐えるしかありませんでした。

そして、中学、高校へと進学し、高校生になるとコンシーラーなどで赤みを抑える術を覚えました。

また、ネットなども普通に使うようになり赤ら顔専用の化粧水なども使うようになりました。

専用の化粧水を使うようになってからは徐々にですが、赤みも抑えられるようになり化粧をすれば全く気にならなくなりました。

あまり気にすることも亡くなった二十歳あたりからは自然と頬の赤みはなくなりました。

これが成長によるものなのか、肌が強くなったのか、化粧水の効果なのかよくわかりませんが今は赤ら顔が改善できてホッとしています。

子供の頃は冬の室内で顔が火照るといつも顔を伏せていた辛い思いを今もたまに思い出します。

【27歳男性】
私は現在20代後半の男ですが、大体中学生頃から赤ら顔に悩んでいました。

思春期になった頃からニキビが多く出来始め、そのニキビ跡だったりそれプラス頬の赤みの症状もあわせて出始めました。

ニキビができやすい体質は、恐らく中々治ることはないかと思います。

ニキビが治りかけてもそれが跡になったり、またすぐにニキビが出来てしまったりと、まるでイタチごっこのようで延々とニキビと赤ら顔に悩まされてきました。

赤ら顔に関しては少し恥ずかしい気持ちも有りましたが、しばらくのあいだ放置していました。

しかし高校生や大学生になっても一向に治る気配はなさそうなので、いい加減なんとかしないとという気持ちが次第に強くなってきました。

自分なりに原因を探したのですが、私はインスタント食品やお菓子をよく食べていたので、まずそういった食習慣を改善しようと思い立ちました。

しかしそれだけでは不十分だと思ったので、皮膚科の病院に行ってどのような対策を行えば良いのか相談もしました。

相談した結果軟膏をもらい、それも食習慣の改善と同時に使用を開始しました。

それらの結果、少しずつでは有りましたがニキビができる頻度は減り、赤ら顔に関しても徐々に改善に向かいました。

長らく放置してきたのが悪いですが、意外と少しのキッカケで気にしていた症状が改善方向に向かう場合もあるんだと思いました。

今も食生活を気にしつつ、同じ軟膏を使用していますが、少しでも気を抜くとまたニキビや赤ら顔に悩まされそうなので、これからも継続していきたいと思います。

【YouTube動画】顔の赤みを消す方法

ニキビを改善した体験談

顔のシミのコンプレックスの悩み体験談

顔デブのコンプレックスで悩み体験談

あなたが抱えている顔のコンプレックスは何ですか?

赤ら顔をすぐに治すには?改善方法を解説|冬の赤ら顔に効く化粧水